女性の薄毛が良くならないのはなぜ?こんなシャンプーでは改善しない!

女性の薄毛が良くならないのはなぜ?こんなシャンプーでは改善しない!
女性の薄毛はすぐには良くならないのはなぜ

荒れてやせ細った土地からは草木が育たないように、
弱った頭皮からは健康な髪の毛は生えてきません。 

薄毛の女性は頭皮が弱っているので太くて長い髪の毛を
育てる力がなくなっているのです。 

薄毛を良くするには、
まず大地の頭皮を健康にすることから始めないと、
薄毛が治ることはありません。

 

女性の薄毛にこんなシャンプーでは良くならない!

女性の薄毛にこんなシャンプーでは良くならない!

通常使用している市販のシャンプーは、
髪の毛の感触をを良くすることを目的にした
コンディショニングシャンプーです。

しかし、この様なシャンプーでは
薄毛に悩んでいる女性、

薄毛の改善をしようとしている
女性の頭皮は良くならないのです。

髪の毛の感触をを良くする為の成分が頭皮に残留して、

毛穴を塞いで髪の成長を妨げてしまうからです。

 

もっと頭皮に良くないのは、
市販のリンスやトリートメントやスタイリング剤です。

これらの市販ヘアケア製品は
シャンプーよりも頭皮に残留して
頭皮環境を悪くさせる成分が多く含まれています。

市販シャンプーではなくて、
頭皮用シャンプーを使っていても、
これらの製品を併用していると、

せっかくの頭皮用シャンプーの効果が台無しになり、

薄毛が治らない危険があります。

 

髪の毛の長い女性には
これらのヘアケア製品は必需品とされていますが、

製品に配合されている界面活性剤は
シャンプーの界面活性剤より

頭皮環境を悪くする作用が強くて
残留もしやすいのです。

ヘアケアのコンディショニング成分は
シャンプーした後にも髪の毛に残るので
感触のいい髪の毛になるわけですが、

残って付着することで
毛穴周りの頭皮環境を悪化させ、

ゆっくりとではありますが、
育毛組織を弱らせていきます。

薄毛の進行を止めるのでしたら、
これらの市販のヘアケア製品をやめて、

頭皮の健康に配慮した成分を含む
ヘアケア製品に変えるべきです。

育毛剤で薄毛が良くならないのはナゼ?


育毛剤で薄毛が良くならないのはナゼ?

頭皮が弱って荒れているのに
育毛剤を使っても効き目は良くなりません。

むしろ悪化させる危険性があります。

大地の頭皮の健康をつくることが第一歩です。

 

頭皮が健康になることにより、
育毛剤が使えるようになり、

ひょっとしたら
育毛剤を必要としなくなるかもしれません。

薄毛を良くするには洗髪をよくして、
頭皮の皮脂を取り除くことが、
頭皮環境の為にも良いことと考えられていますが、

洗えば洗うほど体は皮脂が足りないと感じて、
皮脂を余分に分泌させてしまい、
薄毛が良くならない原因にもなってしまいます。

 

皮脂の分泌が少ない女性は、
シャンプーをしすぎることにより、
頭皮に必要な成分まで取り去ってしまうので

頭皮の健康を損なってしまい、
薄毛が良くならずに進行させてしまっています。

女性の薄毛のほとんどがこの様に
シャンプーをしすぎることによるものです。

 

薄毛が良くならない女性もシャンプー選びで良くなる?

薄毛が良くならない女性もシャンプー選びで良くなる?

頭皮の健康の為にもシャンプー選びは大事です。

頭皮ケアシャンプーのコンセプトが
頭皮の健康を考えて頭皮や毛穴の育毛環境を
整えるように処方されているか。

頭皮や毛穴を刺激する成分が少なくて、
残留しにくい処方になっているか。

敏感肌の女性の薄毛には皮脂を取り過ぎたり、
頭皮にダメージを与えないように配慮されているか。

 

等の基本的な機能を持つ頭皮ケアシャンプーを選んで下さい。

薄毛が良くならない悩みがある女性は、
頭皮の健康を取り戻すために、
育毛環境を改善させる女性頭皮ケアシャンプーを使って下さい。

薄毛が良くならない悩みをお持ちならこちらをご覧ください。