薄毛の40歳女性です!改善するにはどうしたら良い?

女性40歳はこれから人生が
充実してくる年ごろですが、
髪の毛のボリューム感が少なくなってきて、

思ったようなヘアスタイルが
作れなくなってくるなどの、

思ってもみない薄毛の悩みが
いつの間にか深刻化してくる年代です。

薄毛を改善するには
どうしたら良いのでしょうか?

スポンサードリンク

40歳女性の薄毛は髪がダメージを受けた時から始まる?

40歳女性を薄毛にしている原因は?

 

40歳の女性が薄毛に悩むより、
かなり以前からその前兆はあったはずです。

その前触れが出てきた時から
薄毛が進行し始めたのですが、

その前触れとは髪がダメージを受けることです。

髪の毛や爪は硬ケラチンという
タンパク質を主成分としてできています。

 

髪の毛はケラチンが角化して
繋がってできているので、

爪と同じように硬くて
キズつくことはないはずなのに、
強い何かの作用でダメージを受けているのです。

ダメージを受けた髪の毛のキューティクルは

ボロボロに剥がれてしまうので、
髪の毛のコシが無くなってしまいます。

 

そして、
シャンプーをするときに
水分を多く吸収してしまうので、

ドライヤーの乾きが悪くなるなど、
髪のセットが思うようにいかなくなってきます。

スポンサーリンク

40歳女性を薄毛にしている原因は?

薄毛で悩みだした40歳の女性が
長い間使っていたシャンプーは、

スタイリングを優先させている、
泡立ち良く髪をサラサラにして
艶を出すようなシャンプーではありませんか?

 

こんなシャンプーに含まれている
コーティング剤や洗浄剤の成分には、

頭皮や毛髪に残留して
タンパク質を変性させる性質の
界面活性剤が含まれています。

シャンプーで髪の毛がダメージを受けてしまうのは、

タンパク質を変性させる
性質の界面活性剤がキューティクルを
傷つけてしまうからなのです。

 

キューティクルの傷口から
髪の毛の内部へと浸透した界面活性剤は、

すすいだぐらいでは流れ落ちずに
そのまま残留してしまい、
髪の内部までも傷つけてしまうのです。

だから、
ダメージを受けた髪の毛の内部は
スカスカになってコシが無くなるわけです。

 

そして、
洗浄力の強い泡立ちの良い
シャンプーで頭皮をキレイにし過ぎることも、
薄毛にしている原因になります。

頭皮の皮脂には
外敵の侵入を防ぐ防御膜の役割の他にも、

髪の毛の生育を促す分泌物でもあるのです。

泡立ちの良いシャンプーでキレイにし過ぎた毛穴は、

防御膜の皮脂が取り除かれてしまうので、

頭皮に残留した界面活性剤が毛穴の内部に浸透して、

髪を成長させる細胞を変性させて
傷つけてしまうのです。

 

傷つけられた細胞からは
正常な髪の毛を作る事が出来なくなって、

折れやすい髪の毛や、
細い髪の毛しか作れないので
40歳女性の薄毛が進行してしまうわけです。

 

40歳女性の薄毛を改善するには?

40歳女性の薄毛を改善するには?

 

女性の40歳ではスタイリングを優先させる
シャンプーを使い始めてから、
かなりの時間が経過しているのでしょう。

その時間が経過することで、
界面活性剤の成分が頭皮をジワジワと
傷つけてしまい、
正常な髪の毛を作る力が無くなってしまうのです。

 

薄毛の原因を作っている要因は
シャンプーだけではなく、
生活習慣や食生活にもありますが、

強い界面活性剤の作用を持った
シャンプーの弊害は直接的なので怖いです。

 

まずは、
病んだ頭皮を4~6ヶ月かけて
頭皮シャンプーで健康にしていきます。

頭皮が健康になって
髪を成長させる機能が出せるようになってきたら、

本来の育毛手当ができるようになりますが、
更に6ヶ月は育毛の薄毛を治す期間として必要になります。

その間は
お気に入りのスタイリングを
優先させるシャンプーは諦めて、
頭皮の健康を改善することを優先しましょう。

スポンサードリンク