女性の薄毛を有酸素運動が良くするワケは?体温上昇がきっかけに

女性の薄毛有酸素運動が良くするわけは、

体内代謝を上げることで、
薄毛を良くするキッカケをつかめるからです。

女性が薄毛になっていくワケのなかに、
頭皮の血の巡りが悪くなって、
髪の毛を育てる細胞に栄養が届けられなく
なってしまうということがあります。

薄毛で悩む女性は、
肩こりでも悩んでいませんか?

そんな女性に有酸素運動は薄毛を良くする効果があるのです。

スポンサーリンク

ストレスをため込む女性は有酸素運動が薄毛を良くする!

首や肩と言うところは、
頭への血の流れのポイントになっているので、
一日中デスクワークなどで動かない生活が続くと、

体全体の血流が落ちるので、
心臓より高い位置の頭部には
血が巡りにくくなっています。

有酸素運動をすることによって、
全身の血の巡りを良くすると共に、

頭皮の血流も良くなって細胞に
栄養が届けられるようになると、
薄毛を良くする事が期待できます。

一般論ですが、女性は争いのない、
友好的な環境、空間を好みます。

 

それは家庭であったり、
グループだったり、
会社社会だったりするわけですね。

自分では理不尽なことと思える言動や悪口、

中傷をほかの人から受けても、
争いを好みませんから、
顔で笑って感情を圧し殺します。

こんな、顔で笑っていることが、
心で思っていることと違うイライラが
毎日つづくことで、
精神的には大きなストレスとなってきます。

スポンサードリンク

生真面目な女性はストレスが溜まる!

生真面目な女性はストレスが溜まる!

普段は「リラックスモード」の
副交感神経が働いているのですが、

ストレスがたまると
「緊急モード」の交感神経に変換して、
血管を収縮させて血行を低下させます。

日中は交感神経が優位になっているのですが、

就寝時にはリラックスするための
副交感神経が優位になって、

自律神経のバランスをとっているのです。

不安や怒りや我慢などからくる
ストレスが溜まってくると、

副交感神経と交感神経を切り替える
自律神経のバランスを崩してしまい、

本人に自覚が無くても
交感神経が常に興奮している状態が続いてしまいます。

薄毛の女性は自律神経を上手く切り替えれない!

運動量が少なく、
有酸素運動などを取り入れる事をしない薄毛の女性は、

自律神経がうまく切り替わらないで、
毛細血管が収縮して全身への血液の流れが

悪くなって、体のバランスも崩れてしまい、

ホルモンや神経系に影響して
胃腸機能が低下してしまいます。

胃腸機能の低下は、
全身への血の流れを悪くさせるので、

末端の頭皮の血の巡りも悪くなって、
髪の成長にも悪い影響がでてしまうのです。

 

感情表現が苦手で、
頭のなかの考えが上手く表現できない、
人から何か頼まれると嫌と言えない、
言いたいことも軋轢を避けて我慢する。

この様な生真面目タイプの人は、
ストレスを感じやすく、
蓄積されて体にダメージを受けやすいですよ。

有酸素運動でストレスを昇華させることが薄毛を良くする

有酸素運動でストレスを昇華させると薄毛が良くなる?

ストレスが蓄積されると、
女性の薄毛の原因を作り出すので、

ストレスが溜まっているなと感じたら、
有酸素運動がおすすめです。

身体に少し負荷があるけども、
呼吸が苦しくなるほどではない軽度のエクササイズや、

ウオーキングを汗ばむ程度に続ける有酸素運動は、

ストレスも忘れさせてくれますし、
血行を促進して頭皮に酸素や栄養を
届ける効果が期待できます。

体を動かす事が苦手な人は、
マッサージだけでも良いですから、
筋肉を動かすようにしてストレスを軽くして下さい。

この記事をみた人はこちらも読んでいます

スポンサードリンク