髪の毛を太くする食べ物はワカメではなかった!

髪の毛を太くする食べ物はワカメではなかった!

昔からある言い伝えに、
昆布やワカメを食べれば髪の毛が太くなる、
と言われてきました。

でも、
髪の毛を太く成長させる食べ物は昆布、ワカメではなかったのです。

髪の毛を作っている成分はタンパク質で、

わかめにはタンパク質は含まれていないので、

ワカメだけを摂っても髪の毛が
太くなることはありません。

髪を太くするには
タンパク質を含んだ豆腐とわかめのみそ汁が適してます

スポンサードリンク

髪の毛を太くする食べものはタンパク質が含まれたものを!

髪の毛を作っている主成分は
ケラチンというタンパク質で、
各種アミノ酸が結合してできています。

そして、
頭皮もケラチンが主成分なのですが、
ケラチンを構成しているアミノ酸の
含有量が違うために、

頭皮のように柔らかいケラチンと、
爪や髪の毛のように柔らかいケラチン
と別れているのです。

髪の毛を太くするには、
発毛をさせ、育毛させる土台の
頭皮を活性化させる必要があります。

頭皮の活性化には原材料となる
タンパク質の補給が大切になるわけです。

髪の毛を作る3大栄養素は身近にありました!

髪の毛を作る栄養は何?

髪の毛をつくる3大栄養素とは、
「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」です。

「タンパク質」は肉、乳製品、卵、納豆、豆腐、

穀物などの食品に多く含まれていて、
これらの食品を毎回バランスよく
食べていれば大丈夫です。

食事で摂った髪の毛の材料のタンパク質を
髪の毛に変えてくれるのが「亜鉛」です。

亜鉛は牡蠣、ホタテ、レバー、チーズ、
卵黄、もも肉、ウナギ、アーモンド
などに含まれていますが、

食事からの吸収率が悪くアルコールの
解毒やストレスを感じると大量に消費
されてしまう特性があります。

髪の毛の原材料のタンパク質を
効率よく髪に届ける働きをする

「ビタミンE」も大切な成分です。

ビチオン

毛細血管を太くして血流を上げて、
頭皮の新陳代謝を活発化させる。
毛髪や皮膚の健康を保って髪の毛の寿命をのばす。

ビオチンは牛や豚の肝臓、
かれいやいわしなどの魚類、
ゆでた大豆などに多く含まれます

ビタミンB2

タンパク質が髪や皮膚になる細胞再生の働きを促進します。

ビタミンB2の多い食品は、
レバー、うなぎ、納豆、玉子等に多く含まれます。

ビタミンB6

身体中にたんぱく質(アミノ酸)を供給する働きがあり、

皮膚の新陳代謝への影響が大きく、
女性ホルモンのアンバランスからおこる、
月経前症候群(PMS)を、抑える働きもあります。

ビタミンB6は、 レバー、まぐろ、
かつお等に多く含まれます。

ビタミンE

血管の掃除屋で頭皮細胞を壊す過酸化脂質の生成を抑え、

血管の保護や血行促進す作用があります。

ビタミンEを多く含む食品には、
ひまわり油や米ぬか油、
大豆油などの植物油、魚卵、

アーモンドやひまわりの種などの種実類、
小麦胚芽などが上げられます。

スポンサーリンク

女性の薄毛を改善するには食べ物から

薄毛女性,良くなる,食べ物

薄毛を改善させるためには、
身体の内側からバランスを整える
ことが基本になります。

偏った栄養を摂取していると、
内臓器官のバランスを崩す事となり、

内臓の影響を受ける肌や頭皮、
髪の毛が弱ってしまいます。

身体の栄養が足りなければ、
頭皮に栄養が回りません。

頭皮に栄養が回らなければ、髪の毛も作られません。

ハゲない健康な髪の毛は健康な身体からと考えていけば、

日々の食事で身体に栄養をバランスよく摂り込むことが、
いかに大事かわかります。

これらをエキスにしたサプリで摂取する方法もありますが、
実食で摂取した方が身体にとって何倍も良いこととなります。

豆腐とワカメのみそ汁は毎日でも飲みたいですね。

この記事をみた人はこちらも読んでいます

スポンサードリンク