薄毛の女性がカラーすると良くない理由は?髪の毛のダメージも!

薄毛の女性がカラーすると良くない理由は?髪の毛のダメージも!
薄毛の女性カラーすると
薄毛になる確率がドーンと上がります。

髪の毛をカラーリングすることに、
今の女性はほとんど抵抗感は持っていません。

白髪染めだけではなくて、
髪をカラフルな色に染めて変身することは、
ワクワクしますよね。

でも、
カラーすると薄毛になってしまう心配があって、
良くない理由って知っていました?

薄毛の女性で髪の悩みがある方は、
髪の為にも頭皮の為にもやめた方が良いですよ。

スポンサーリンク

ヘアカラーは女性の薄毛に良くない影響を与える

ヘアカラーは女性の薄毛に良くない影響を与えるのですか?
 

髪の毛を染める方法は数種類ありますが、
それぞれに髪の毛に与える影響も違ってきます。

☆ヘアカラー

髪の毛の表面にヘアカラー液を刷毛などで塗って、

毛表皮キューティクルの内部に浸透させていきます。

内部の毛皮質コルテックスに浸透したヘアカラー液は、

内部のメラニン色素を分解して染料を沈着させます。

このことによって髪の毛が染められていきます。

髪の毛の毛表皮を保護する役割のある
キューティクルを開いて、

内部の毛皮質コルテックスをも変質
させてしまうのですから、
髪の毛に与える影響はかなり大きいと言えるでしょう。

髪の毛を染める人の大半は、
毛染めを継続的に行なっていると思います。

そのことが髪の毛や頭皮に与えるダメージを
蓄積させていくのです。

年齢を経るに従って、
頭皮や髪の毛のダメージからの修復が遅くなり、

薄毛や抜け毛の原因となる危険性もあります。

スポンサードリンク

☆ヘアマニキュア

ヘアカラーと違ってカラー液を内部まで浸透させずに、

毛表皮にカラー液を沈着させて
髪の色をカラーリングする方法です。

髪の毛への影響はヘアカラーよりは小さいですが、

毛表皮に付着されていたカラー液が剥離する時に、

キューティクルも同時に剥離してしまう可能性はあります。

その時には髪の毛を保護する
役目のものが無くなってしまうので、
ダメージは避けられないでしょう。

☆ヘアブリーチ

髪の毛にカラー液を沈着させて
カラーリングさせる方法ではなく、

髪の毛の内部の毛皮質コルテックス
に含まれるメラニン色素を分解して、
明るい茶系にカラーリングする方法です。

いわゆる、
色を抜く、脱色させると言われる方法です。

ヘアカラーのカラーリングと同じく、
薬液が浸透する時に
毛表皮キューティクルと毛皮質コルテックス

に悪い影響を及ぼす危険があります。

また、
頭皮に薬液が付着すると、
熱をかんじたり、
痛みが発生することもあるので、

抜け毛、薄毛を気をつけたい人は、
避けたほう無難なカラーリングです。

カラーすると薄毛女性になる心配が多い

カラーすると薄毛女性になる心配が多い

 

ヘアカラーは髪の毛にダメージを与えますが、

直接頭皮にカラー液が付着しなければ、
薄毛、抜け毛の原因にはなりません
と言う人もいらっしゃいます。

でも自分でヘアカラーする時に、
カラー液を頭皮に付着させないで
カラーリングすることは難しいと思います。

薄毛、抜け毛を気にする人は、
髪の毛を染めることを諦めた方が良いでしょう。

それでも、オシャレをしたい、
薄毛を目立たなくしたいと思っている人は、

美容院でカラーリングしてくれる美容師さんに

自分の髪の毛の状態を確認してもらってから、
適切な施術を受けるべきでしょう。

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます▼▼▼

スポンサードリンク