髪を太くて長く伸ばすにはどうしたら良いの?

髪を太くて長く伸ばすにはどうしたら良いの?

髪を太くして長く伸ばすためには頭皮が
健康でなければいけません。

頭皮を健康にするには正しい食生活と生活習慣
大前提になります。

 

スポンサーリンク

髪の毛は生活習慣でも伸び方が違っていきます!

例えば、貴女が食事制限でダイエットをしている
なら、確実に髪の毛は細くなります。 

太くて長い髪を作る頭皮を健康にするには、
体も健康でバランスが良くなくてはなりません。

言いかえれば薄毛の女性は体のバランスを崩して、
低血圧症で貧血ぎみ、冷え性で生理が不順などの
症状を抱えている人に多いです。

 

食事制限でダイエットをしている女性の体は
こんな症状になっています。

体の機能として、生命の維持をする食べ物が不足
してくると、少なくなったなりの栄養で体を維持
していかなければならなくなります。

その為に生命維持に重要な内臓器官に栄養の供給
を優先させて、それほど生命の危険性がない皮膚
や髪の毛には栄養の供給をしなくなるのです。

 

そして、少なくなった食べ物を効率良く吸収して
蓄えようとするので、体重が思ったように減らない
体質になって、リバウンドしてしまうわけです。

食事制限のダイエットを続けていると内臓器官に
負担をかけて、自立神経も乱れてしまいますから、
低体温症になりやすく冷え性になってしまいます。

 

低体温症の人の頭皮は血の巡りが悪く、髪の毛
を作る細胞組織まで栄養がいかないので、太くて
長い髪の毛はできないのです。

 

スポンサードリンク

ストレスは度重なると髪の毛を痛めて薄毛の原因になります

髪の毛を太くて長く伸ばすにはどうしたら良いの?

ストレスは髪の毛にとっても、出来るだけ避けたい
生活習慣の一つです。

ビックリした時などは身を縮めませんか?
よく、怒りに震えるとか、血の気が引くとか言いますよね。

人間は強いストレスを感じた時には、身を守るために
血管を収縮させるのです

 

頭皮の毛細血管も収縮してしまい、髪の毛を
作る細胞組織への血の流れが悪くなって、
正常な髪の毛が作れなくなってしまいます。/span>

ストレスを感じた時に出来た髪の毛の部分は、
細くなったり中が詰まっていない折れやすい
毛になってしまいます。

日常の精神的ストレスも蓄積されると、
ホルモンや神経系統に影響を与えへて、
体調が崩れてなかなか戻りません。

 

特に、胃腸機能が低下して体の血行が悪くなり、
末端の頭皮の毛細血管まで血が回らなくなると、
髪の毛を成長させる機能が止まってしまい、
髪の毛の成長に影響がでてしまいます。

ストレスが溜まりに溜まった、いつも内心では
怒ってる女性の頭皮は血の巡りが悪くなって
しまいますよ。

 

髪を成長させる為には適度な運動は欠かせません

髪の毛を太くて長く伸ばすにはどうしたら良いの?

体の健康のためにも、髪を成長させるためにも、
体を動かして血の巡りを良くすることは効果が
ありますし、ストレスの緩和や解消に役立ちます。

運動不足になると酸素の摂取量が減ってきて、
心肺機能を徐々に低下させてしまいます。

ジョギングなどの有酸素運動は心肺機能を上げる
には適していますが、それぞれの体調に応じて
ウォーキングや散歩でも構いません。

 

血の巡りを良くしたいわけですから、ヨガでも
マッサージでもいいですから、自分で続けられる
方法を選んでください。

頭皮を健康にして髪の毛を成長させるためには、
自分の体を健康にすることが大切だと思って下さい。

傷んだ髪の毛と頭皮を健康にするために、
女性頭皮ケアシャンプーとの併用は効果があります。

スポンサードリンク