女性の薄毛治療に病院の保険は使えるか?│専門クリニックもおすすめ

女性の薄毛を病院で治療した時には健康保険
が効くのでしょうか?

髪の毛がペタンコになってきた、
薄毛になってきた、

一度、病院で診てもらいたい、
皮膚科で保険治療はできるのでしょうか?

出来るだけ費用を掛けたく有りませんが、
女性の薄毛治療に保険がきく治療ができる
病院、皮膚科はないのです。

女性の薄毛治療を受けられるのは
薄毛専門のクリニックか
育毛サロンだけになります。

どちらも、健康保険の適用はなく、
全額自費負担になっています。

女性の薄毛治療は病院で保険のきく薬は出して貰えるの?育毛外来も!

女性の薄毛は病院で保険適用の治療を受けられるの?

頭皮の悩みなので皮膚科に行っても、
保険治療の対象症状は頭皮のカブレや
アトピー等の問題があるかどうかで、

残念ながら、
女性の薄毛を全て保険の範囲で
治療してくれる病院、皮膚科はないと思います。

 

保険外治療で頭髪外来を診察している病院、
皮膚科は少ないながら有るので、
受診する前にFAGAの治療に対応しているか
確認をして下さい。

現在の薄毛治療の病院、皮膚科は、
ほとんど発毛、育毛外来で専門化しています。

発毛、薄毛治療クリニックはAGA外来,
FAGA外来治療を専門とする、
主に医薬品による医療機関のことで、
大半は保険外治療になります。

 

通常は医師が駐在していない
発毛・育毛専門サロンに比べると医師による
医療薬事行為ができるというところが
大きい違いです。

女性の薄毛クリニックと育毛サロンではどこが違うの?

女性の薄毛治療は病院で保険のきく薬は出して貰えるの?

薄毛クリニックの薄毛治療に似たサービスに
<発毛・育毛専門サロン>があります。

お店独自のシャンプーやマッサージ、育毛剤の
処方などで頭皮の環境を改善して発毛を促す

サービスを提供する場所ですが、
通常は医師の駐在はしていない所が
多いようです。

 

そのために、
医師による医療薬事行為は出来ません。
発毛、育毛専門サロンの育毛剤と薄毛クリニック
での処方箋との大きなちがいは、

発毛、育毛サロンの育毛剤成分は医薬部外品で、
使用出来ない成分が有り、副作用はないが、
効果は緩やかなので長期の使用が必要です。

 

薄毛クリニックで治療の為に処方される
薬剤が医薬品の場合は、
医師が処方しないと使う事が出来ない
という薬事法の拘束が有ります。

その分、薄毛クリニックでは
カウンセリング、指導

なども受けられるので、

発毛、育毛サロンの育毛剤使用時よりも、
早めの効果が期待できます。

 

薄毛の悩みは男と女では別の症状

女性の薄毛治療は病院で保険のきく薬は出してもらえるの?

女性の脱毛症を「FAGA」とよんで、
男性の男性型脱毛症の「AGA」と区別するのは、
それぞれの症状が異なるからです。

「AGA」の症状は頭頂部と髪の生え際の前頭部
などが薄くなるのが特徴で、進行性が有るので、
放っておくと症状が進行してしまいます。

FAGA」は髪の毛が細くなり、
頭髪全体が薄くなるのが特徴ですが、
「AGA」と違って進行性はあまりありません。

女性ホルモンのエストロゲンに髪の毛を育てる
働きがありますが、加齢と共に女性ホルモンの
分泌量は減っていきます。

女性ホルモンは減少するものの、一定の量は
分泌されているので、

「AGA」と違ってエストロゲンの働きで
「毛周期」が維持されるので、
薄毛や抜け毛がおきても、その進行は緩やかです。

 

かと言ってそのままにしておけば、
症状の改善は出来ないので、
ストレスやダイエット、過度のヘアケア、食習慣
などを含めて、生活習慣を見直すと同時に、

発毛、育毛専門医などの女性のための
薄毛治療専門クリニックで、無料カウンセリング
を受けて不安をなくしまうのも方法です。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事から
>>続きはこちら